ブログトップ

Life never suck :)

takako2009.exblog.jp

streetCanvasが紹介されました。

StreetCanvasの記事が新たに、アルカーナ
の原田社長により紹介されました。

http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20397857,00.htm

最近、投稿されていく作品の数も増えてきているしうれしいな。

次はT-shirtという形で、この作品をみたいっ!!

地味に、SCのTwitter更新もやっています。
http://twitter.com/streetcanvas

そして、地味に、SCのコンテンツも一つ書いてみました。

http://www.streetcanvas.com/ja/articles/otaku文化とニッポン

いずれも一応私です。

そして、私もtwitterにいます。
http://twitter.com/takako0511

くだらないことしか、つぶやいていません。
[PR]
# by tkk0511 | 2009-08-05 15:39 | StreetCanvas

効かない自己暗示

もう、どうでもいい。

なんだっていい。

そういう言葉を吐き捨てるときに限って、

心の中では、本当はどうでもよくないことが多い。

投げ出せないのをわかっているからこそ、
自身への納得感と安堵感を得るために、
言ってみたりする。

「もういいや」

「どうでもいいや」

だけど、本当はどうでもよくなくて、
気になって、気になって、しかたなくって。

投げ出したものをまた拾っては、
うじうじ悩み、執着する。

効かない自己暗示。

嫌なことから逃げ出そうとする姿勢を
「弱い」とか「逃げるな」とか言う人もいるけれど、
私は何も悪いことじゃないと思う。

むしろ逃げれるものなら、逃げればいい。

でも、実際は、逃げても逃げても
逃げ場なんてないから、人はまた悩みなり葛藤なり、
それぞれが抱えるモノと向き合う、いや、向き合わされることになる。


放り出して、忘れられるものだったら、

「もういいや」

「どうでもいいや」

と吐き出す前に、もう開放されているはずだ。


たまぁに、喧嘩をしていると、
もう、どうだっていいんだよ。
という言葉を呆れた声で浴びせられる。

こっちだって、どうだっていいよと投げやりになりそうになる。

でも、そんな時は、なんでこゆうことを言ってしまうのか、
自分の深層心理を探って、ぐっとこらえる。

どうでもいい。

その言葉が示唆するもの。

それは、正反対の気持ちであり、

執拗な程の執着の固まりであったりする。

人間は矛盾だらけの、湾曲した生き物だ。

はぁ、愚かな程に愚直な人になってみたい。

そしたら、ものごとはいくぶんかシンプルになりそうだ。
[PR]
# by tkk0511 | 2009-07-31 16:25 | つぶやき

StreetCanvasが立ち上がりましたー。

この夏はいつもの仕事以外に、StreetCanvasというサイトの立上げをお手伝いしています。

私が尊敬する大学時代の先輩の一人である莉恵さん。
彼女とまさか一緒にお仕事が出来る機会があるだなんて
思ってもみず、こんなきっかけを与えてくれた莉恵さんにありがとうで一杯。

莉恵さんが持つ、周りの人をひきつける魅力、物事を推し進めていく力、
そして新しい何かを常に探し続ける探究心、彼女の人間力なるものを
日々感じる毎日です。

莉恵さんのブログはこちら

ハーバードビジネススクールのビジネスコンテストで準優勝したビジネスプランを実現しようと、HBS在学中の夏休みに日本に帰国をした莉恵さんと仲間たち。

今年の夏に世の中にひょっこり顔をだした、そんな生まれたばかりの
スタートアップベンチャー・Street Canvasです。

streetcanvas.com
以下、詳細を転用します!


street canvasとは?

ストリートキャンバスは、
日本のアーティストと
世界中のアート好きが集まる
インターネットコミュニティです。

独自または海外ギャラリー等と提携した
デザインコンテストが常に開催されており、
そこで高い評価を得た作品は
デザイナーズTシャツとして
ロサンゼルスで製品化され、
ネットを通して世界中で販売されます。

コミュニティメンバーはコンテストに
デザインを投稿するだけではなく、
審査員として好きな作品に投票・コメントしたり、
デザインスクールで世界のアート情報を
入手したりすることもできます。

ストリートキャンバスに参加して、
Tシャツをメディアに
日本のアートを世界に発信していこう!!



立ち上がったばかりのベンチャー。
お金が潤沢にあるわけでもない。
ペンやプリンターやデスクもあるわけではない。

当たり前だと思っていた労働環境が、
いかに恵まれていたのか気付かされる。

1から何かを作りあげる。

それは、何もないところからのスタートで、あるのはアイディアと
やる気と、それを築き上げる人々と。


オフィスは代官山のとある小さな一室。

b0179742_18582537.jpg


Street Canvasは日本のアーティストを支援する場。

アートを育てたい、もっともっとストリートカルチャーを見せていきたい。
そんな莉恵さんを始めとした運営者の想いが詰まった場。

色んな思いを抱え、まっしろな壁に描く。

b0179742_1932869.jpg


白い壁はキャンバスで、何かを表現する自由な空間。

b0179742_1935831.jpg


ついでに、私はこんなだよーってらくがきらくがき(笑)

b0179742_19141492.jpg


新しいなにかを形作るプロセス。

そう、世に出たものを追いかけるのではなくて、何かを創出すること。

そんな機会はそんなない。

ストリートキャンバスドットコム。

streetcanvas.com

見て、触れて、下さい。

皆さんのフィードバックを。

ユーザーを楽しませたい、アーティストを応援したい、
そんな思いで作られました。

その思いを実現したいからこそ、
ユーザーのリアルなフィードバックを必要としています。

streetcanvas.com

日本語への変更は画面右上の国旗マークを押してくださいね。

さて、まだまだこれから。

がんばります。
[PR]
# by tkk0511 | 2009-07-28 19:46 | 仕事

今年2回目の虹

確か、先々週末の三連休のこと。

今年2回目の虹がでました。

b0179742_19395620.jpg


渋谷のビルと張りつくされた電線の間から顔を出す虹は、都会の空に不釣合いなほど
きれいで、そして、そのアンバランスな具合がまた良くって。

b0179742_1941234.jpg


家と家の狭い隙間から除いたアイツは、街を歩く人々をも簡単に虜にさせて。

b0179742_1944387.jpg


道にいた人は皆、上を向いていた。

ショップの店員は、店をほっぽって、外に出てきた。

渋谷に住む住民は、お隣さんのドアをたたいていた。

「ちょっと奥さん、虹ですよー。」って。

皆、あんぐりして空を眺める。

皆、携帯をかざして、写メを取る。

携帯特有の変なシャッター音が、あちらこちらで音を鳴らす。

こーゆうときです。

私が、世の中ってすてたもんじゃないよなって思うのは。

きれいなものを見て、きれいだなと感じることが出来る。

皆まだまだ、健全なんです。

きっとこれからも。

b0179742_19555467.jpg



都会の空で、私は思います。

思った以上に、世の中は荒んでないんだって。
[PR]
# by tkk0511 | 2009-07-27 19:57 | 日々の出来事

写真好きのあなたにとっておきのツール。

Photosnackなるツールを試してみました。

スライドショーを無料で作成・共有できるツール。

たかがスライドショー、されどスライドショー。

せっかく撮った写真を見せたいのに、アップロードが面倒だったり、
撮った写真全部見せたいけど、ブログには載りきらなかったり。
いざ載せてはみたものの、なんかしっくりこなかったり。。。。


などと、小さな悩みに直面し、結局アップするのを断念した。

なんてことがあったりする。

Photosnackは、簡単に、そして短時間で、しかもセンスの良いスライドショーを作ることができる
すごい便利なツールです。

ハワイで撮った写真と、原宿のハンバーガー屋で撮った写真をためしにアップしてみました。


サンプルはこちら。



所要時間、わずか5分ほど。

そして、ユーザー登録も一瞬で終わるこの軽い感じがとても気に入りました。

サイトは全部英語だけど、英語が読めなくても簡単に登録できてしまう
ユーザビリティーにも優れたツール。

Photosnack

www.photosnack.com


せっかく撮った写真だもんね。

誰かに見せたいし、ちゃんと残しておきたいし。

お勧めです。
[PR]
# by tkk0511 | 2009-07-20 17:31 | 写真